接客が好きな人に最適

私の近所に大手のドラッグストアができたのは5年前です。 そのとき、偶然、そのドラッグストア開店の準備スタッフ募集の張り紙を見つけ、アルバイトをすることになりました。

一応、面接はありましたが、準備スタッフということで店長からの簡単な面接で採用が決まりました。 それから何度も辞めようと思ったのですが、結局、3年間、そのドラッグストアでアルバイトをしました。

最初は、お客としてドラッグストアに行ったときのイメージ(のんびりしている感じ)で、仕事もそんなに大変だと思いませんでした。 しかし、実際、働き始めて、体力とコミュニケーション力が必要な仕事だということがわかりました。

特に、チェーン展開しているドラッグストアは薬以外にもドリンク、お菓子、日常雑貨などいろいろなものを置いています。 私がアルバイトしていたときは毎日3回に分けて、大量の日常雑貨などの商品が店舗に届きました。

そして、日常雑貨などの商品が店舗に到着すると、商品の仕出しなどの体力が必要な仕事が始まります。 また、ドラッグストアは、お客様とコミュニケーションすることが多い業種だと思います。 ドラッグストアは、薬を中心に販売しているため、お客様が店員に話しかけることが多いからです。

みなさんも「自分の欲しい薬がどこにあるのか」などを店員に聞いた経験はありませんか? 当然、アルバイトでもお客様からいろいろ聞かれます。 そのとき、欲しい薬の場所をお教えする簡単なコミュニケーションからお客様に合った商品をおすすめする高度なコミュニケーションをします。

実はこのときのコミュニケーションが、社会人になって仕事を始めてから本当に役立ちました。 従って、将来、接客の仕事をしたいとお考えなら、ドラッグストアのアルバイトはおすすめです。 さらに、仕事に慣れてくると商品の発注などの店舗を運営する上で重要な仕事も任せてもらえます。

そうなると、店舗で売り上げを上げるためにはどんなことをすればいいのかもわかるようになってきます。このように、「ただ、バイトで稼ぎたい」という人よりも「将来に役立つスキルを身に付けたい」という人のほうがドラッグストアのお仕事に向いていると思います。

このページの先頭へ