販売ノルマって知っていますか

商品を見ていると、店員さんが寄ってきて商品を勧められたことってないですか? 実はドラッグストアでは、販売ノルマというものがあり、「1ヶ月に何個売らなくてはいけない」といった決まりがあり、月末に他の店舗と売れた個数を競う事があります。

私のようなアルバイト社員でも、そのノルマがあり、多く売れば臨時ボーナスがあります。ただ、売れなければ暗黙の買取といったような事もあり、必死でお客様に商品を売りました。 お薬を売るポイントとして、「風邪薬を持っているお客様が居たら、栄養剤を一緒に勧める」とか、「ダイエット食品を持っていたら、サプリメント類を勧める」といったマニュアルがあります。

そして、そういったお客様を見つけたら、すぐに売り込みをしていました。 従って、薬の知識の無いアルバイト社員が薬を売る事もあり、何の根拠も無く薬を勧めてくることもあるので、個人的にはあまり信用して購入しない方がいいと思います。

一応事前に薬剤師さんから、薬の成分などを教えてもらうのですが、副作用もありますし、お客様の中には、ドラッグストアに勤務している方は、みんな薬の知識があると思っている方が多く、信用して購入していってくれていました。

しかし、購入前には一応薬剤師さんに聞いてから薬を購入した方が良いでしょう。 私の場合には、後々トラブルになったら怖いので、お勧めの薬を紹介して、購入する事になったら一応薬剤師さんを呼ぶようにしていました。

薬は病気を直す特効薬でもありますが、体調によっては副作用を伴うこともあるので、事前に確認してから購入しましょう。 ドラッグストアで買える一般薬は病院から処方される薬よりも副作用が少ないとされていますが、店員さんの意見を鵜呑みにしない方がよいときもあることを知っておきましょう。

このページの先頭へ