品だしと接客がメインの仕事

ドラッグストアでアルバイトをする際には、仕事をする時間帯が選べると思います。 私は色々な時間帯で勤務した事がありますが、時間帯によって向き不向きがあります。

開店から大体18時位までのいわゆるパート勤務の場合には、比較的お客様は少ないのですが、品だしが多い時間帯でもあります。 朝は化粧品、食品や日用雑貨など、とにかく大量の荷物が届くので、その品だしとレジと掃除がメインになってきます。

尚、、店長や社員の方が事前にタイムシフトを作っており、男性の場合には、2時間、品だしだけをさせたり、女性は比較的レジが多かった印象でした。 特に猫の缶詰や、化粧品、ジュースなどの箱などが大量に届くために力仕事が多いです。

この時間帯はお客様があまり来ないので、接客をしなくてもいいのですが、体力勝負のところもあるので、体力に自信の無い方はあまりお勧め出来ない時間帯かもしれません。 また、昼間の時間帯では、自分の売り場を担当する事になるケースが多く、発注をしなくてはいけません。

発注の業務は色々と面倒なことも多いので、面倒なことが苦手だと思う方は、夕方の方がいいでしょう。 夕方の場合には、食品などの搬入がありますが、昼間ほどでは無く、主に接客がメインになります。

一日の売り上げが無い場合には、夕方のお客様が多くなる時間帯に、販売に力を入れたり、ノルマがある商品を売ったりなど、お客様と接する事がメインになってきます。 夕方以降は学生さんなどがアルバイトで行うケースが多く、閉店間際にはお客様が全然来ない時もあり、結構楽でした。

最後にはレジ閉めなどがありますが、特に難しいものではなく、和気藹々と話しながら出来たりと、夕方の方が気が楽かもしれません。 ただ万引きや来店客が多いために、気疲れをしてしまう点がデメリットです。

このページの先頭へ