採用されるために大切なこと

私がドラッグストアでアルバイトとして採用されるまでには、面接がありました。 同じチェーン店でも店長によってその採用方法は異なり、私の場合には他の店舗に比べて、簡単だったかもしれません。

私の場合には、面接だけで採用されましたが、後から入ってきたアルバイトの方は、簡単な計算問題を解かされたり、色々面接で質問されたりと、店長によってもお店によっても色々あるようです。 ドラッグストアでこれからアルバイトを行おうとする方は、まず出勤できる日数と曜日が重要だと思います。

募集要項に指定があれば、それにしたがって希望を出せば良いですが、特に希望がない場合には、なるべく多く出勤できるということを伝えると採用率が上がります。 サービス業なので、土日はなるべく出勤できる方が採用されます。

一番売り上げが伸びる曜日でもある土日を休んでしまったら、お店としても困ってしまうので、出勤できる曜日は土日を含めて週4日位のシフトで希望を出すと採用されやすくなるでしょう。 また、身なりなども重要ですが、あまり派手すぎない色なら髪の毛を染めていても問題は無いと思います。

髪染めの売り場もありますし、社内規定でも、あまりうるさく書かれていないので、真っ黒にしなくても大丈夫でしょう。ただ、髪の毛よりも、ピヤスやヒゲ、言葉使いは重視されるので、これらの点についてはきちんとして面接を受けることが大切になります。

「ドラッグストアのアルバイトは簡単に受かるだろう」と思っている人がいますが、意外と人気があり、面接でよく落とされている子を見ています。 アルバイトの面接でも、身なりを整えてから受けるようにしましょう。

尚、アルバイトの場合には、せっかく仕事を覚えたのにすぐに止めてしまう子も多いため、面接では「とにかくやる気を見せる」ことも重要になります。

このページの先頭へ