ドラッグストアでバイトしてよかったこと

ドラッグストアで薬を販売するのは薬剤師の仕事です。 ドラッグストアでは薬剤師の資格を持つ方がいないと薬を売ってはいけない事になっており、薬剤師が不在の時には、薬の棚にネットが掛けられ、薬を売らないようにしていました。

ただ、登録販売者の資格を持っている方がいる場合には、第一医薬品以外の薬を販売する事が出来るので、薬剤師が不足している店舗では、登録販売者の資格を持っている人は優遇されました。 この登録販売者の資格を取得するには、バイトでもパートでも1年以上、ドラッグストアなどで働くことが条件になっています。

そして、バイトを1年以上続けている方の中には、勤務期間中に登録販売者の資格を取得して、資格手当てを貰っている方もいました。 現在では薬剤師が不足しており、薬剤師程ではありませんが、通常の時給にプラスして登録販売者の資格手当てを貰える店舗も多くなりました。

ドラッグストアでの勤務は、登録販売者の受験資格を得ることができるので、バイトを始めるのなら1年以上続けると良いでしょう。 ドラックストアでのバイトは、時給も安くその割に肉体労働も多いので、割りに合わないこともあります。

しかし、登録販売者の資格を持つことで、給料もよくなるので、受験資格を得る事をお勧めします。 試験自体は、しっかり勉強していけば問題ないと思いますが、合格率が低い試験でもあるので、すでに合格した人に勉強のポイントを教えてもらうと合格しやすくなります。

このページの先頭へ